MENU

格安スマホの端末本体について

格安スマホと聞くと毎月の基本料金が安いというイメージがありますが、実際はそれだけでなく本体代が安いものも格安スマホと言われており、中に入っているSIMカードと組み合わせることによってお得に利用することができます。
気をつけないといけないのが例え本体代が1万円くらいで格安のものであっても、SIMカードに設定されている料金プランが主要キャリアのプランとほとんど変わらないと毎月の負担額というのは変わらず、大きく変わることと言えばすでに払い終わっているのでローンを払う必要がないというくらいです。
従って、格安スマホを考える場合は先にSIMの方を考える必要がありますが、中には主要キャリアとほとんど変わらないくらいの通信をすることができて月額の通信費用が3000円以下に設定されているようなこともあります。
SIMカードだけを購入しても入れ物になる本体がないと使うことはできないので、どちらにしても本体は用意する必要がありますが、SIMカードを購入する会社で一緒に本体を購入することができるのと通販サイトで本体だけを購入することや中古のSIMフリーの格安スマホを購入することでも可能になります。
スマホは維持するための費用が高いのが難点であると言われていますが、今は上手に本体とSIMカードを組み合わせることによってお得に所有することもできるようになっています。
ただし、仕組みが少々複雑であるため替えたくても替えることができない人が多いのも現状となっています。