MENU

スマホとガラケーを比較してみる

今でこそスマホが主流になっていますが、一昔前までは携帯電話が主流だった頃もあり、この頃は電話機能がメインでプラスαとしてメールやカメラ機能があった感じでした。
しかし、スマホだと機能性の方が中心になっており電話機能そのものがおまけのような感じにもなっていますが、アプリを便利に利用することで無料通話をすることができるというのも携帯電話ではできなかったことで、どんどんアプリをインストールさせることで自分だけの端末を作り上げていくことができます。
携帯電話と比較した場合に携帯電話に分があるのは利用する上での料金だと思いますが、携帯電話の時だと通話をほとんどしない人であれば3000円程度で所有することができて金銭的な負担というのはそこまで大きくありませんでした。
しかし、スマホの場合だと通信費だけで5000円近くかかりそれに加えて通話料や端末料金などを含めていると8000円近くになることもあります。
金額が高いというのがデメリットの部分でもありますが、近頃は格安スマホも普及しているので格安スマホを選択して購入して使用すればかかる費用もそこまで高くありません。
格安スマホは本体が安いケースとSIMカードが安いケースと両方が安いケースがありますが、本当の意味での格安スマホというのは本体もSIMカードも安いものです。
また、携帯電話については一時期無くなるという話しがあったものの、今でも利用者は多いので今後もしばらくは残ったままになると思います。