MENU

格安スマホにかかる費用

格安スマホに乗り換える目的の多くは少しでも通信費用を抑えて節約したいということですが、主要キャリアで1万円近く月額料金がかかることがあるのは通信プランや通話プランに加えて端末のローンやオプションなどが理由となっており、特に多くの割合を占めている通信プランは下げることができないので節約することが難しくなっています。
格安スマホを所有する上で必要になる金額についても似ている部分が多く、通話料金や通信料金、端末を分割払いで購入する場合は月々のローン返済も必要になりますが、他にもオプションサービスをプラスすることによってかかる金額はさらにプラスとなる可能性があります。
しかし、それでも月々5000円以下で抑えることができるのは主要キャリアと比較した場合に圧倒的に通信費用が安いという理由で、プランによっては月額1000円からでもインターネットをすることができるので、ローンで2000円、通話で2000円かかったとしても5000円で所有することが可能になる計算になります。
また、プランもかなり細分化されているので自分が日頃から利用している通信量に合わせたプラン設定がしやすくなっているというのも格安スマホにするメリットになります、
乗り換える場合はSIMカードを挿入して使用するための箱となる本体を用意しなければなりませんが、格安スマホの本体を1万円程度で購入することができるようになっているので、これを買えばわざわざローンを組む必要性もありません。