MENU

格安スマホの買い時

格安スマホに乗り換えを検討していて現在使用しているのがドコモやソフトバンク、auなどのキャリアの場合は乗り換えにおいて解約する必要がありますが、厄介なのは2年に1月しかやってこない更新月以外に解約をする場合は解約料金が発生してしまうという点です。
解約料金も1000円程度であれば支払ってもまだ仕方ないと思えるくらいですが、1万円程度の解約料金で設定されているので、格安スマホへの乗り換えが目的であってもできるだけ余計なお金をかけることなく解約したいものです。
そのため、格安スマホへの乗り換え時期として更新月を狙うことをおすすめしますが、これだけでも1万円の節約効果があるので、新しく購入する端末に対して1万円プラスして上位機種の購入というのもできます。
また、しばらく更新月が来ない場合は格安スマホに乗り換えることに焦るのではなく、少し様子を見るというのも大切で、格安スマホのサービスはまだまだ始まった間もないため、それぞれの会社が手さぐりでサービスを行っている状況であり、今後さらにお得に利用することができるスマホが生まれるかもしれません。
本体そのものについては通販サイトを利用すると1万円程度で購入することができるようになっているので、問題は通信や通話をする上での重要になってくるSIMの方のサービスですが、通話プランや通信プランだけでなくサポートの質やサービス内容なども十分に考慮して最終的には選んでいくことが大切です。