MENU

格安スマホで注意すべき点

格安スマホに乗り換えることで月額料金の値下げという直接的なメリットが期待されますが、一方で注意する点もいくつかあるので更新月が迫っている場合は特に慌てて替えてしまわないように気を付けましょう。
まず、乗り換えにおいて本体を用意しなければなりませんが、主要キャリアだと本体代は10万円近くとかなり高くなっているものの、分割で購入することができてローン払いをする人に対するサポート割引などもあるので実質払うお金はかなり少なくなっており、頭金が不要の場合がほとんどです。
しかし、格安スマホの場合は本体代が1万円と安い機種も販売されているものの、結局はお金を支払う必要があるので、直接的な負担がかかってくることになります。
また、格安スマホは主要キャリアに比べると通信速度が遅いケースがあるという点でのデメリットも大きく、特に地方になると通信速度が極端に落ちていることもあるので思ったようにデータ通信することができないデメリットもあります。
主要キャリアの場合だと新規でも機種変更でもお店に足を運んで店員と相談をしながら自分にあった携帯電話やスマホを選ぶことができていましたが、格安スマホになると店舗がなく電話でのサポートが中心になるので実際に商品を手に取って見ることができないデメリットがあります。
また、そこで何かトラブルがあっても自己責任という部分が強くなっているので納得がいく対応をしてもらうことができない可能性もあります。