MENU

現在のスマホ市場と格安スマホ料金

格安スマホが市場にお目見えするようになって徐々にユーザーは増えているものの、その勢いについては爆発的なものではなく、存在は知っているものの主要キャリアの動きをチェックして静観している人もいれば、主要キャリア以外の会社で契約することに対して抵抗感を持っている人も少なくありません。
今後もこのような傾向はしばらく続くことが想定されていますが、主要キャリアも格安スマホが誕生したことに対して少なからず危機感を持っているので、今後シェアを奪われそうになったら何らかの対抗策を示してくるのは眼に見えています。
そのため、格安スマホに乗り換えようと検討している場合になかなか決まらない場合や契約している携帯電話会社で解約をする際にまとまったお金が必要になるという状態の場合は焦って変えてしまうのではなくそれぞれの会社の動きを静観するのも方法としてあります。
各主要キャリアが新規顧客の取得にこだわっていることからも分かるように新規ユーザーが欲しいというのはそれぞれの主要キャリアが思うところでは一致しているものの、長く使っているユーザーが得をしないという現状に対して少なからず不安を持っている人も少なくありません。
今後、さらに格安スマホが普及してサービスの質や機能性などが向上することでもあれば、主要キャリアからの一斉乗り換えが起こる可能性も否めません。
消費者心理としては少しでも安くだと思いますが、品質も選ぶ上では重要な要素になってきます。