MENU

料金面での優位性は、やはり格安スマホ

普通、一つのものを長く続けていると良いことが起こるような気がしますが、携帯電話の世界においては長期的なユーザーが特別に優遇されるということはなく、それぞれの携帯電話会社はいかにして自分のところに新規ユーザーを増やすことができるかということをメインに考えています。
そのため、10年以上使っているからといって機種変更をしても多少の割引があっても他の携帯電話会社に乗り換える場合に比べると損をすることが多いので、契約更新が切れた時点で新しい携帯電話会社に乗り換える人は多くいます。
また、その際に昔は主要キャリアへの乗り換えが一般的でしたが、最近は月額料金が5000円以下で所持して利用することができるいわゆる格安スマホがかなり普及したこともあって格安スマホへの移行をする人も多くいます。
格安スマホに乗り換えをする場合もお得なキャンペーンを受けることができる場合もあるので事前にそれぞれの会社のキャンペーンを調べておくとよいですが、主要キャリアを解約する場合は解約手数料を取られる可能性があるので気をつける必要があります。
最近はいろいろな携帯電話会社から自分の希望する条件にあったスマホを購入することができるようになっているので、視野を広げてみるのもおすすめですが、通話や通信などについても主要キャリアに引けを取らないで利用することができるところも多くなっています。
それぞれのメリットやデメリットを把握して後悔しない乗り換えをしましょう。